LCCの採算算出方法について

LCCは、安くてとても使いやすいので格安航空券と同じような値段あるいはもっと安い値段で航空券を購入する事が出来ます。
しかし、なぜ大手航空会社に比べると航空券の値段が安いのかというのは秘密が色々あるんですね。

LCCの格安航空券はどうして安いのか

矢印のサイクル
LCCで提供する航空券の安さは、様々な工夫やコスト削減などをすることによって成立している物なんですね。
そのアプローチ手段は色々なのですが、一部をピックアップしていくと例えば、大手航空会社と大きな違いという物も幾つかあります。
例えば、航空機というのは本来は目的地まで乗客を運んだ後はその空港で整備をしてから、その空港からまた帰りに別の乗客を載せて返ってくる、という物なんですね。

しかし、帰りの便というのは出発するまではまた空港に長時間留まっていなくてはいけないので、その間は乗客を運ぶ事が出来ないため、効率が悪いんですね。
なので、LCCの航空機は実は駐機時間を抑えるために次の離陸時間までが短く回転率が高いんです。

予約の仕方と空港サービスの工夫について

水色の航空券
大手航空会社だと、航空券の購入というのは空港などでも顧客サービスやチケット販売をするための支店窓口を設けている事がほとんどです。
当然、そこには人件費や事務所費などがかかってくるし維持費などや空港スペースなどの料金もかかってくるのですが、LCCではそのような窓口サービスをかなり縮小化しているんですね。
航空券の販売や予約なども、基本的にはインターネットや電話を使ったものを中心として取り扱っているんですね。
更に、旅行会社などを仲介にしないことで販売手数料などの節約にもつながっている、と言ったように空港サービスも簡素化しています。

採算を合わせるための工夫

これらは総じて、コスト削減とサービスの簡素化による採算合わせというところがシビアに行われているということなんです。
他にも、例えば使用する空港を主要の人気空港ではなく少し離れている第二空港などを拠点にするなどして、利便性を損なう代わりに空港着陸料などの費用を安くしているんですね。
他にも、路線を限定して絞り込んだりすることによって満席になる人気路線だったり、需要のある航空路線便だけを使う、と言ったようなLCC独自の採算算出方法を取っているのです。
そのため、高利売買をするような大手の高い航空券のような値段の設定の仕方をしなくてもいい、というようになっています。

関連記事: