購入するタイミングに気をつけよう

お金がなくても旅行に行きたいという場合、まず抑えたい料金は航空券です。
旅行中の食事は、やはり旅行先の名産品や郷土料理を楽しみたいですよね。
そして宿泊先のホテルや旅館も、旅行先だから少しは奮発して贅沢したいと思うでしょう。
ですが、移動手段である飛行機は、旅費に占める交通費の割合は大きいので、ここで格安航空券にして旅費を抑えたいとなるわけです。
ではどうすれば少しでも安く航空券を購入する事ができるのでしょうか?

旅行するシーズンを選ぶ

まず旅行をするシーズンを選ぶ事が重要です。
航空券の価格は年間を通じて大きく変動します。
繁忙期と呼ばれるお盆、GW、年末年始は利用者が多いため、航空券もかなり高額になってしまいます。
この時期はホテルの宿泊料金も割高となるため、仕事で休みがとりやすいとはいえあまりおススメはできません。

そして閑散期にこそ、快適に旅行は楽しめると言えるでしょう。
考えてみて下さい。お盆は1年で最も暑く、年末年始は1年で最も寒いシーズンでもあります。
そんな時期に、人ごみの中高い旅費を支払って旅行をしても疲れてしまうだけです。
閑散期である11月は気候もよく、観光名所も人が少ないので、ゆっくりと見て回る事ができます。
そして閑散期なら、空席になるぐらいなら席を埋めたいと思うため、非常に安い価格設定で格安航空券が販売されるわけです。


有効期限が迫っているものを選ぶ

そして航空券は有効期限が迫っているものを狙うと、破格の価格で購入する事が可能です。
例えば旅行会社が航空会社から、団体ツアー客用の航空券を大量に仕入れています。
しかしその航空券には、使用有効期限があり、30日、60日とタイムリミットが存在します。
有効期限が切れてしまったら使用できなくなってしまうので、その前にどうしても売り切りたいと、旅行会社は時々不定期でセールを行います。
このセールも上手に活用しましょう。
またセールではありませんが、直前キャンセルになってしまった航空券なども安く販売されています。
シーズンや購入するタイミングによって、航空券の価格は大きく異なると言えるでしょう。

関連記事:

    None Found