新着情報

◆2016/06/22
格安航空券を購入する方法の情報を更新しました。
◆2016/06/16
ホテル宿泊付きでお得にを新規投稿しました。
◆2016/06/16
セールのバーゲン価格で格安航空券をゲットするを新規投稿しました。
◆2016/06/16
LCCを利用する上での注意点を新規投稿しました。
◆2016/06/16
サイトマップを新規投稿しました。

格安航空券を購入する方法

格安航空券を購入する方法はいくつかあります。
航空券は価格の変動が大きく、どの方法が1番安く購入できると断定する事ができません。
予約をする状況で、1番安く購入できる方法は違ってくるので、複数の方法を知っておくといいでしょう。

正統派の早割を利用する

まず早い段階で旅行や出張の予定が決まったのであれば、早割が1番お得に利用できる可能性が高いでしょう。
例えばANAの早割には「旅割」と呼ばれるサービスがあり、その内容は旅割75、旅割55、旅割28、旅割21の5種類があります。
数字は日にちを表しています。
つまり旅割75なら、搭乗日の75日前に購入した場合で、割引率は普通運賃の80%となっています。
80%割引は非常にお得だと言えますよね。
ただ、早割を実施しているのは大手航空会社に限定されたサービスで、格安航空会社(LCC)では早割のサービスは存在しません。
元々の普通運賃で大手航空会社と格安航空会社には価格に大差があるため、早割を利用しなくても格安航空会社の航空券の方が安いのでは?
そんなふうに思う人もいるでしょう。ですが、80%割引であれば、大手航空会社の方が多少安い、もしくは同じぐらいとなるはずです。
そして料金が同じであれば、絶対に大手航空会社の航空券を選んだ方がコストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。
なぜなら、格安航空会社は航空券を安く提供するために、無料サービスを徹底的に削減し、利便性の悪い第二空港を使用しています。
快適さやアクセスの良さなどは比較するまでもありませんから、同じ金額であれば、快適な空の旅を選ぶ方がお得度は高いと言えます。

LCCの航空券を購入する方法

yoyaku
先ほど少し紹介しましたが、LCCの航空券は普通運賃自体が安くなっています。
なぜかというと、徹底的にコストを削減し、航空券を安く提供する事をウリにしている航空会社だからです。
しかし以前は国際線しか利用できず、国内旅行ではLCCの恩恵を受ける事ができませんでした。
ですが、近年になりピーチを筆頭に、国内線の路線にもLCCが増えてきています。
LCCの航空券は1万円未満が当たり前で、5000〜7000円程度が主流となっていて、JALやANAの普通運賃と比較すれば圧倒的に安いと言えるでしょう、
ですが、飛行機なので安すぎると安全性が大丈夫?と不安になり、知名度の高さからJALやANAを利用する人は少なくありません。
ですが、コスト削減とは、安全点検やメンテナンス等の人件費を削ってるわけではありません。
機種を1種類に統一する事で、維持費や部品の在庫、整備にかかる時間を削減しています。
他にも無料サービスを廃止し、設備を簡素にしていますが、これらも安全性には影響はありません。
そしてまだ国内線がスタートして年数もたっていないため、機種が新しいので、安全性が高いと言えるのではないでしょうか?
他にもスカイ・シー格安航空券などはサイトで購入する方法もあります。

宿泊が決まっているのなら航空券+ホテル

旅行は日帰りではなく、宿泊する事が決まっているのであれば、旅行会社のパックツアー「格安航空券+ホテル」でまとめて購入した方が航空券の価格は断然お得になります。なぜかというと、旅行会社は個人と異なり安く航空券を仕入れる事ができるからです。
旅行会社専用の団体ツアー客用航空券の価格は、個人が早割を利用するよりも安く設定されています。
ただし、旅行会社は航空券だけを客に販売する事は法律上できません。
そのため必ず航空券+ホテルのパックツアーでの販売となります。
しかしこれでホテル代が高いのであれば、利用価値が低くなりますが、基本的にパックツアーは航空券もホテル代もまとめて安くなっています。
ツアーだからといって、団体行動をして好きに観光できないというわけではなく、基本的に自由に観光が出来るツアーも増えています。
なので、もし旅行でホテルに泊まる予定なら、初めから旅行会社で航空券+ホテルで申し込むのが1番お得な方法だと言えるでしょう。

キャンペーンを活用する方法

この場合まず予定ありきではなく、まずキャンペーンありきになってしまいますが、都合がつくのなら1番安く航空券を購入できる方法はキャンペーンです。
旅行会社では不定期でキャンペーンを行っています。
このキャンペーンでは航空券+ホテルがありえない価格で販売されています。
なぜそのような価格で販売できるのかというと、利益を度外視したキャンペーンだからです。
キャンペーン内容は多様ですが、新春お年玉キャンペーンや、閑散期の集客目的のキャンペーン。
他には、旅行会社の航空券には有効期限があるため、有効期限が切れる前に売り切りたいとバーゲン価格で販売するわけです。
キャンペーン情報はメルマガ登録やTwitterのフォローをしていると、リアルタイムで情報を得る事が可能です。
なぜリアルタイムである必要があるのかというと、キャンペーンは席数は少なく、24時間や48時間と短期間で終わってしまうケースが少なくありません。つまり早いモノ勝ちなので、確実性に安く航空券を購入できる方法ではありませんが、運がよければすごく安く航空券を購入する事ができるでしょう。